会社情報

ホーム > 会社概要・沿革

会社概要

当社は、1960年の創業以来、ラミネートフィルムの製袋加工メーカーとして、食品業界のみならず、より安全性が求められる医療業界の製品を多数お取り扱いしてきました。井上製袋の挑戦は「安心という満足を追求し、安全を創る」ことです。第1工場、第2工場、共にクリーンレベル1万以下を実現、2003年に「ISO9001:2000」を、2012年には「ISO14001」「ISO22000」を取得し、お客様の全てに要求に「安心」でお答えできる環境を整え続けております。

社名井上製袋工業株式会社
所在地 〒354-0044 埼玉県入間郡三芳町北永井336-1
TEL 049-259-2181 FAX 049-259-0019
設立1960年(昭和35年)11月3日
資本金1,000万円
代表者名見崎 洋二
従業員数78名(2018年1月現在)
事業内容食品、飲料、医薬原料品、産業用等のラミネートフィルム製袋加工
主要取引先 株式会社DNPテクノパック
株式会社細川洋行
株式会社カナオカ
大成ラミック株式会社
大倉工業株式会社
凸版印刷株式会社
株式会社サンエー化研
信和産業株式会社
順不同 継承略
取引銀行東和銀行 鶴瀬支店
グループ会社 トーシン産業株式会社
〒113-0033 東京都文京区本郷3-35-3 本郷UCビル7F
TEL 03-3816-3721 FAX 03-3816-1914
http://www.toshin-sangyo.com/

沿革

1960年(昭和35年)11月3日
初代代表者 井上 進 により板橋区成増に井上製袋を設立創業
1967年(昭和42年)07月
和光市に自社工場設立
1975年(昭和50年)12月
入間郡三芳町に工場移転
井上製袋工業株式会社に法人変更
1996年(平成08年)05月
工場 第1フロア クリーンルーム化(クラス3万)
1996年(平成08年)05月
井上 公夫 が代表取締役に就任
2003年(平成15年)05月
ISO 9001:2000 認定取得
2005年(平成17年)04月
工場 第2フロア クリーンルーム化(クラス1万)
2006年(平成18年)04月
見崎 洋二 が代表取締役に就任
2011年(平成23年)04月
工場 第1フロア クリーンルーム化(クラス1万)
2012年(平成24年)05月
ISO 14001 認定取得
ISO 22000 認定取得
2016年(平成28年)11月
本社・倉庫 隣接も新築移転
2017年(平成29年)03月
工場 第3フロア 増設
2017年(平成29年)09月
群馬県赤城山に研修施設「望星寮」を新設